直販部・酒庵「空」担当 田邉あかね

直販部・酒庵「空」担当 田邉

自動車販売会社の受付や保険担当を経て、2018年11月に下関酒造に入社しました。
今は直売店の担当で、来店されたお客様に日本酒をPRしています

私が転職を決めたのは、広報という、人に何か伝える仕事をしたいと思っていたから。
今の直売所での仕事は、下関酒造の広報と言ってもいい立場。
お客様に直接、下関酒造のお酒の良さを伝え、購入してもらう役割を担っています。

実は、私はアルコールをほとんど飲めないんです。
入社前は日本酒の知識もほとんどありませんでした。

ただ、日本酒メーカーの社員の中で1人でも、お酒を飲まない人の意見があっても、いいのではないか。
そう入社面接で話した私を、下関酒造は受け入れてくれました。

お客様の中には自らお酒は飲まなくても、人にプレゼントしたいと考えられている方もおられるわけです。
日本酒にとっても詳しいお客様も来店されますが、多くが入社時の私と同じく知識があまりない方。
そんなお酒のことをよく知らないお客様の気持ちがわかるからこそ、求めている1本をおすすめできることもあるんです。
プレゼントしたい方の生まれ故郷や趣味、甘口、辛口のどちらが好きなのか、など情報をお聞きしていると、ぴったりの1本が見つかるんです。

私が接客したお客様が後日、再び来店されて「プレゼント先からすごく喜んでもらえた」と言ってもらえたりもします。
私がお酒をおすすめしたお客様に、下関酒造のリピーターになってもらえるのは、ほんとうにうれしいことです。

私、お酒はほとんど飲めないんですけど、おいしさはわかります。
1年前、「蔵人の自慢酒」を試飲したとき、衝撃的な体験に、心震えました。
「日本酒って、こんなにおいしいものなんだ」って。
そして、今年の「蔵人の自慢酒」も感動的なおいしさです。

自らが体験したお酒にまつわる感動を、今年もお客様に伝えていきたいと思っています。

下関から旨い酒をお届け。下関酒造