蔵人の自慢酒
下関酒造の煙突
日本酒造りに従事する蔵人
下関酒造代表内田忠臣ら
下関酒造外観

下関酒造外観

創業は大正12年。なんと築地の魚河岸と同じ歴史なんです。震災からの復興というところで、賑わいを戻した築地市場と、時を同じく、大正12年12月。下関では下関酒造が誕生しました。同じく下関では、金子みすゞが、大正12年20歳のときに移り住みました。それから100年の月日が経とうとしています。大正浪漫という新しい時代の萌芽からはじまり、激動の昭和、そして平成、さらには令和。
時代と共に人々が飲むお酒も、飲み方も変遷しています。その時代に合わせた酒造り、伝承じゃない伝統を紡いでいくことが下関酒造に求められていることではないか?そう想います。
令和元年。新たな下関酒造。ご期待ください。

酒庵 空

酒蔵見学のご案内

お土産ランキング

商品のご案内

下関酒造お薦めプレミアムギフト

下関酒造にて働きたい。働いてみたい皆様へ。

募集要項

実は、あのお酒も下関酒造

オリジナルの日本酒お探しの方はこちら